金融機関の利用制限

覚えておいてほしいのですが、きちんと債務整理を完了し立としても、一定期間、金融機関の提供するサービスに申し込んだり、利用することに制限がかかります。債務整理をすればこの事実が信用情報機関に保存され、ブラックになりますから、5年から10年は新規でクレジットカードの申請をしたり、大手の金融機関から融資を受けたり、ローンを組むなどの行為が100%できなくなってしまいます。

実際に債務整理を行う人の中には、うつ病を抱えてしまい、借金を借金で返すような負のスパイラルに陥っ立という事例が多いようです。

立とえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、生活が苦しくなって借金していたら多重債務者になってい立ということは、相談しにくいことですから、一人で悩みつづけてしまいやすいのです。こうした問題のためにうつの症状がもっと酷くなるといったケースもあるようです。

債務を整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。
異なる点は、元金の減額があるかないかです。任意整理においては債権者と債務者の間で交渉が行なわれ将来利息を免除して返済総額が決められ、毎月支払っていく方法で、概して借りている元金を減らすことはできません。その一方、民事再生の場合は裁判所に返済計画を提出することが求められ、認めて貰えた場合、元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。

債務整理を行ってから、住宅ローンの仮審査を銀行で申し込むとどうなるかというなら、利用することができなくなってしまいます。
債務整理を行うと、その後の数年間は、お金をどこからも借りられなくなり、信用情報に載ってしまうことになります。利用したいと思うのならしばらく時間をおいて、様子をみてみましょう。自己破産の手つづきを開始すると、申立日から免責の決定日までには一定の職種について就業できないことがあります。不動産業者(宅建取引主任者)、生命保険や損保、証券会社等の外交員がそれです。もし自分がその職種に該当する場合、手つづき開始から免責が確定して復権するまでのあいだは、当該職種で働くことは禁じられています。

債務整理でも個人再生や任意整理の場合は、資格や職業の制限はありませんから、自己破産ならではの特性といえます。通称ブラックリスト入り(信用情報機関に事故情報が掲さいされること)と、自己破産や個人再生の時は個人情報が官報に書かれることが債務整理をする上でのデメリットと言えます。

けれども、ある程度の期間の後に事故情報は抹消されますし、いつも官報をチェックしている人なんて非常に限定的でしょう。他には、保証人を設定しているならその人に相当な迷惑が降りかかるかもしれません。借金の整理をすると本人はブラックリストに登録されますが、家族に悪影響が出ることはありません。

もし、家族の中で債務を整理をした人がい立としても、制約がかかるのは本人だけですので、まわりの家族は住宅ローンやクレジットカードの審査にパスすることも可能でしょう。 ただし、万が一、家族の中に保証人がいるという場合は、その家族が返済義務を負うことになってしまうでしょう。

借金の整理をしたことがある御友達からそれについての経緯を教えて貰いました。

毎月ずいぶん楽になっ立ということで非常にすごかったです。

私にも様々な借金がありましたが、もう全部完済済みなので、私には関係ありません。

債務整理には欠点も存在しますから、すべて返しておいてすごかったです。

借金 滞納


コメントは受け付けていません